無駄知識

 

ある、ランキング番組で日本の新幹線を抜いてふらんすのTGVがダイイ一位だそうです。

 

どうでもいいのですが、ほんとのこと知っておいて欲しいのです。

 

新幹線は、日本の戦争前から蓄積した技術を、島秀雄教授の設計で誕生した日本のための世界最高鉄道でした。

 

島秀雄教授の存在が無ければ、ありえないぐらいのプロジェクトでしたが、それを完成に加速させた背景は、戦争中に開発していた航空技士の協力があります。

 

実は、ゼロ戦に代表されるように、アメリカと対等、それ以上の戦闘機の技術を開拓していて、当時世界最高のドイツとも提携していました、けれども工業力や資金が無く、ゴム管ひとつ世界に劣るものでした。

 

それを根性で克服していましたが、戦後アメリカに絶対飛行機を(それほど脅威の技術があったから)作らせないとのお触れで、航空技師は、一部新幹線のために技術をつぎ込んだのです。その結果、名実ともに世界最高で昔の形遅れを中国に分けてやり、ドイツの会社とも提携関係にあります。

 

実用化、実用性に関して実は、世界のどの会社も足元には、及ばないのです。

 

 

 

ただ最高速においてフランスは昔からあらゆる手段で世界最高速を記録してきました、

 

日本は、このことに興味が無いのです。銭もうけにならないからです。

最高速度記録は、金にならんので、16両編成で1000人以上の列車を4分間隔で限りなく270kmで運び続け、事故は起こさない、金を失うから、と言う代物です。

 

その結果、TGVよりAGVより快適で広く大量に安全にすぐに載れる高速鉄道となっています。

 

 

世界最高なのです。

世界最高の速度記録を作るなら、銭もうけの為の線路を傷めたくないので、E4を持って行って、フランスの軌道で責任外の同意書つきなら560kmほど出せると思います。